心筋梗塞と狭心症の違いとは?

心筋梗塞と狭心症の違いとは?

心筋梗塞と狭心症の違いは、血管が詰まるかどうかということです。
心筋梗塞も狭心症も、心臓の冠動脈という心臓に栄養を運ぶ血管の異常です。
心筋梗塞の場合は、この心臓の冠動脈が詰まり、血液が流れなくなります。
血管が詰まることで、突然、強い胸痛に襲われ、痛む時間も30分以上と長いことが心筋梗塞の特徴です。
また、心筋梗塞では脱力感や意識の低下、冷や汗が出たり、手足が冷たくなることもあるようです。
一方、狭心症は、心臓の冠動脈がだんだんと細くなってしまい、血流が悪くなってしまいます。
造影剤を使用した心臓カテーテル検査をすると、すぐに診断が付くでしょう。
狭心症は主に、前胸部に痛みや圧迫痛があることが特徴で、胸痛という点では心筋梗塞と同じですが、狭心症の胸痛は安静にしていれば短時間で治まります。
心筋梗塞と狭心症は、どちらも心疾患です。
同じ心疾患でも、狭心症ではニトログリセリンという薬が有効に働くのに対し、心筋梗塞ではこのニトログリセリンの効果がないという違いもあります。
狭心症と心筋梗塞の違いで一番大きなところは、心臓へのダメージです。
心筋梗塞では、血管が詰まり血液が流れなくなってしまうために、だんだん心筋が壊死していってしまうので、心臓へのダメージも大きく、心臓が動かなくなってしまうこともあります。
それに対し、狭心症では血流が流れにくくなるものの、血流が止まることはないため、心臓へのダメージも少なくてすみます。
心筋梗塞と狭心症は、同じ心疾患でも症状は違うといえるでしょう。

関連ページ

心筋梗塞が原因で起こる合併症とは?
心筋梗塞は下手をすると命に関わる恐ろしい病気です。心筋梗塞がさらに別の病気を引き起こしてしまうこともあるのです。ここでは心筋梗塞の原因や予防法について詳しく解説しています。