心筋梗塞が原因で起こる合併症とは?

心筋梗塞が原因で起こる合併症とは?

心筋梗塞が原因で起こる合併症には注意したいものです。
心筋梗塞は、心筋梗塞という病気だけでも命にかかわる怖いものですが、心筋梗塞が原因で起こる合併症もとても危険です。
心筋梗塞に伴って起こる合併症の症状には、不整脈や心臓破裂、うっ血性心不全や心原性ショックなどがあります。
この合併症の中でも不整脈は、心筋梗塞の合併症として頻度が高く、急性期の死亡原因の第一位と言われています。
心筋梗塞時に起こる不整脈は心室細動といわれるもので、心臓からの拍出がうまくできなくなり、心臓の停止に繋がってしまうのです。
また、うっ血性心不全という合併症の頻度も多く、肺うっ血が起こり、呼吸困難を引き起こすため、呼吸停止の危険があります。
心筋梗塞は、冠動脈が閉塞されてしまいますから、血液が通わず心筋が細胞が壊死してしまうと言われています。
心筋梗塞が起こって心筋の壊死が40%以上に至ってしまうと、心原性ショックという合併症を起こすことがあります。
それに、心筋の壊死した部分がもろくなると、心筋が裂けてしまい、心臓破裂という合併症を引き起こすことも考えられるでしょう。
心臓破裂は、心筋梗塞発症後、しばらくしてから起こる合併症で、緊急手術を要します。
心筋梗塞は、実際に心筋梗塞になってみないと、どんな合併症が起こるかわからないものです。
ただ、心筋梗塞が原因で起こる合併症のことを知っておくと、心筋梗塞にならないように気をつけようという気持ちが強くなるのではないでしょうか。

関連ページ

心筋梗塞と狭心症の違いとは?
心筋梗塞は下手をすると命に関わる恐ろしい病気です。心筋梗塞がさらに別の病気を引き起こしてしまうこともあるのです。ここでは心筋梗塞の原因や予防法について詳しく解説しています。