心筋梗塞の症状

心筋梗塞について記事一覧

心筋梗塞の種類とは?

心筋梗塞とは、心臓の表面の血管が閉塞し、血液が流れなくなることによって心筋の壊死を引き起こす病気です。発症してから治療開始まで時間がかかってしまうと、死亡率が高くなります。心筋の壊死した部分により、貫通性梗塞(内側から外側まで全て壊死を起こしている場合)と非貫通性梗塞(内側部分のみの壊死)に分けられ...

≫続きを読む

心筋梗塞の原因とは?

心筋梗塞は、心臓の表面の血管が詰まることによって心筋の壊死を引き起こす病気です。死亡率も高く、治療も急を要します。それでは、心筋梗塞の原因となるものには、どのようなものがあるのでしょうか?まずは、発生機序を考えてみたいと思います。動脈の血管の内側にコレステロールが付着して、隆起物を作ります。それが段...

≫続きを読む

どういった人が心筋梗塞になりやすい?

心筋梗塞になりやすい人の条件はいくつかあります。心筋梗塞は、体質的に高血圧の方や糖尿病の方、高脂血症の方や不整脈の方、低体温の方などに発症しやすい病気です。特に、糖尿病の方は、動脈硬化が促進されるため、血栓ができる可能性が高く、心筋梗塞になる危険度も高いと考えられています。また、高血圧の方も動脈硬化...

≫続きを読む

心筋梗塞の死亡率ってどのくらい?

心筋梗塞は死亡率の高い怖い病気です。心筋梗塞の死亡率は、平均で20〜40%と言われています。心筋梗塞は冠動脈に血栓が詰まり、血流が途絶えることによって、心臓の筋肉に栄養が運ばれなくなってしまうため、心臓が壊死してしまい、死を招くと考えられています。また、心筋梗塞は、心筋梗塞直後に高い確率で不整脈を発...

≫続きを読む

心筋梗塞になった時の家族の対応とは?

心筋梗塞になった時の家族の対応とは、一体どうしたらいいでしょうか?発作が起こった時は、家族の方も驚いたに違いありません。心筋梗塞の発作で苦しんでいる当人を見て、緊急入院になったのですから、家族としても生きた心地もしなかったことでしょう。初めは動揺していても、患者が無事で回復している様子を見れば、落ち...

≫続きを読む