心筋梗塞の種類とは?

心筋梗塞の種類とは?

心筋梗塞とは、心臓の表面の血管が閉塞し、血液が流れなくなることによって心筋の壊死を引き起こす病気です。
発症してから治療開始まで時間がかかってしまうと、死亡率が高くなります。
心筋の壊死した部分により、貫通性梗塞(内側から外側まで全て壊死を起こしている場合)と非貫通性梗塞(内側部分のみの壊死)に分けられるでしょう。
また、心電図上でどの部分が壊死を起こしているか推測します。
心電図の波形によって、以下の分類に分けられるのです。
前壁梗塞・前壁中隔梗塞・限局性前壁梗塞・広範前壁梗塞・側壁梗塞・高位側壁梗塞・前側壁梗塞・高位後壁梗塞・下壁梗塞・下側壁梗塞などです。
心電図の12誘導で、どの部分に変化があるかで、部位診断を行います。
心筋梗塞には、発生からの経過時間による分類方法もあり、発症して72時間以内が「急性心筋梗塞」、72時間から1ヶ月以内の心筋梗塞が「亜急性心筋梗塞」、1ヶ月以前に起こした心筋梗塞が「陳旧性心筋梗塞」です。
通常、一般的によく聞く心筋梗塞とは、「急性心筋梗塞」のことで、直ちに治療を要するものを言います。
急性心筋梗塞の場合は、直ちに壊死している心筋の判別を行い、適切な検査や治療を行う必要があるのです。
一度、心筋が壊死してしまうと元には戻らないので、治療は心筋の細胞の壊死を起こさせないために、詰まった血管を一秒でも早く開通させて、血液を流れを再開させるというものになります。

関連ページ

心筋梗塞の原因とは?
心筋梗塞は下手をすると命に関わる恐ろしい病気です。心筋梗塞がさらに別の病気を引き起こしてしまうこともあるのです。ここでは心筋梗塞の原因や予防法について詳しく解説しています。
どういった人が心筋梗塞になりやすい?
心筋梗塞は下手をすると命に関わる恐ろしい病気です。心筋梗塞がさらに別の病気を引き起こしてしまうこともあるのです。ここでは心筋梗塞の原因や予防法について詳しく解説しています。
心筋梗塞の死亡率ってどのくらい?
心筋梗塞は下手をすると命に関わる恐ろしい病気です。心筋梗塞がさらに別の病気を引き起こしてしまうこともあるのです。ここでは心筋梗塞の原因や予防法について詳しく解説しています。
心筋梗塞になった時の家族の対応とは?
心筋梗塞は下手をすると命に関わる恐ろしい病気です。心筋梗塞がさらに別の病気を引き起こしてしまうこともあるのです。ここでは心筋梗塞の原因や予防法について詳しく解説しています。