どういった人が心筋梗塞になりやすい?

どういった人が心筋梗塞になりやすい?

心筋梗塞になりやすい人の条件はいくつかあります。
心筋梗塞は、体質的に高血圧の方や糖尿病の方、高脂血症の方や不整脈の方、低体温の方などに発症しやすい病気です。
特に、糖尿病の方は、動脈硬化が促進されるため、血栓ができる可能性が高く、心筋梗塞になる危険度も高いと考えられています。
また、高血圧の方も動脈硬化にかかりやすいと言われる上に、血圧が高くなることで血管が異常な収縮を起こしやすくなるため、心筋梗塞になる可能性が高いでしょう。
さらに、不整脈の方は、不整脈により、血液の流れが乱れるため、血栓が作られやすく、心筋梗塞に繋がると言われています。
最近、増加傾向にある高コレステロールの方は高脂血症になりやすく、心筋梗塞に繋がりやすいです。
心筋梗塞には、体温も関係していると考えられています。
体温が低いと抹消血管が収縮しやすく、血圧が下がってしまうため、普段から体温が低い低体温の方は、心筋梗塞になりやすいでしょう。
体温や体質以外にも、家系的なもの、遺伝も関係していると言われており、高血圧になりやすい家系の方や動脈硬化になりやすい家系の方、血管の壁のアレルギー反応を起こしやすい方も心筋梗塞になりやすいようです。
また、喫煙の習慣がある方は、血管の異常収縮が起こりやすくなり、その結果、血管がもろくなってしまい、心筋梗塞を招きやすいと言われているので、注意が必要でしょう。

関連ページ

心筋梗塞の種類とは?
心筋梗塞は下手をすると命に関わる恐ろしい病気です。心筋梗塞がさらに別の病気を引き起こしてしまうこともあるのです。ここでは心筋梗塞の原因や予防法について詳しく解説しています。
心筋梗塞の原因とは?
心筋梗塞は下手をすると命に関わる恐ろしい病気です。心筋梗塞がさらに別の病気を引き起こしてしまうこともあるのです。ここでは心筋梗塞の原因や予防法について詳しく解説しています。
心筋梗塞の死亡率ってどのくらい?
心筋梗塞は下手をすると命に関わる恐ろしい病気です。心筋梗塞がさらに別の病気を引き起こしてしまうこともあるのです。ここでは心筋梗塞の原因や予防法について詳しく解説しています。
心筋梗塞になった時の家族の対応とは?
心筋梗塞は下手をすると命に関わる恐ろしい病気です。心筋梗塞がさらに別の病気を引き起こしてしまうこともあるのです。ここでは心筋梗塞の原因や予防法について詳しく解説しています。