心筋梗塞の原因とは?

心筋梗塞の原因とは?

心筋梗塞は、心臓の表面の血管が詰まることによって心筋の壊死を引き起こす病気です。
死亡率も高く、治療も急を要します。
それでは、心筋梗塞の原因となるものには、どのようなものがあるのでしょうか?
まずは、発生機序を考えてみたいと思います。
動脈の血管の内側にコレステロールが付着して、隆起物を作ります。
それが段々大きくなり、血流を阻害するようになります。
その隆起物が破れて血栓ができることで、その血栓が心臓の表面の血管を閉塞させてしまうと、心筋梗塞になるのです。
心臓に直接、動脈硬化が起こることもあります。
血流が無くなると、酸素や栄養が届かなくなるので、心筋の細胞が壊死してしまいます。
発病因子は、動脈硬化、高コレステロール血症、糖尿病、高血圧、喫煙、肥満などになります。
血管に係わる病気であるのなら、この発病因子もなんだか納得ですよね。
心筋梗塞を予防しようと思うのであれば、これらの発病因子を予防することが、心筋梗塞の予防にも繋がります。
どの発病因子を予防するにしても、生活習慣の改善が必要でしょう。
適度な運動なども取り入れて、食生活も見直し、健康的な生活を送るようにしないといけません。
特に、血圧が高い状態が続いていると、心筋梗塞を引き起こしやすいようです。
また、突発的な心筋梗塞においては喫煙者が多いようです。

心筋梗塞の発生原因を知り、自己管理をしっかり行うことが、心筋梗塞を予防することに繋がるでしょう。

関連ページ

心筋梗塞の種類とは?
心筋梗塞は下手をすると命に関わる恐ろしい病気です。心筋梗塞がさらに別の病気を引き起こしてしまうこともあるのです。ここでは心筋梗塞の原因や予防法について詳しく解説しています。
どういった人が心筋梗塞になりやすい?
心筋梗塞は下手をすると命に関わる恐ろしい病気です。心筋梗塞がさらに別の病気を引き起こしてしまうこともあるのです。ここでは心筋梗塞の原因や予防法について詳しく解説しています。
心筋梗塞の死亡率ってどのくらい?
心筋梗塞は下手をすると命に関わる恐ろしい病気です。心筋梗塞がさらに別の病気を引き起こしてしまうこともあるのです。ここでは心筋梗塞の原因や予防法について詳しく解説しています。
心筋梗塞になった時の家族の対応とは?
心筋梗塞は下手をすると命に関わる恐ろしい病気です。心筋梗塞がさらに別の病気を引き起こしてしまうこともあるのです。ここでは心筋梗塞の原因や予防法について詳しく解説しています。