心筋梗塞の手術の種類とは?

心筋梗塞の手術の種類とは?

心筋梗塞の手術には、カテーテルを使った冠動脈の形成術と、開胸による冠動脈バイパス手術があります。
カテーテルを使った冠動脈の形成術は、足の付け根の血管などからカテーテルを入れ、冠動脈の入り口あたりの血管を広げる手術です。
このカテーテルを使った冠動脈の形成術では、バルーンとステントと呼ばれる金属製の網の筒を用いて、血管の拡張と同時に、冠動脈の補強を図ると言われています。
カテーテルの先にあるバルーンで、冠動脈の血管内にある狭窄部分を膨らませ、ステントを挿入します。
ステントを使うこの冠動脈形成術は比較的簡単な手術で、治療効果も高いでしょう。
しかし、この手術は、冠動脈の梗塞が多肢の場合には適さないため、主に多肢閉塞でない場合に用いられるようです。
心筋梗塞の手術では、冠動脈バイパス手術という手術が行われることもあります。
冠動脈バイパス手術は、自分自身の胸の血管を取り、冠動脈に繋いでバイパスの役割をさせるという手術で、手術時間が長くかかる上に医師の技量も必要な大きな手術です。
カテーテルによる冠動脈形成術とは違って、胸部の切開が必要ですから、患者さんへの負担も大きくなると言えるでしょう。
冠動脈バイパス手術は、人工心肺を使い、一時的に心臓の動きを止めて行う手術法が一般的でした。
でも、現在では、医学の進歩により、人工心肺を使用せずに心臓を固定して手術が行えるようになったため、動脈硬化が進んでしまっている方や腎臓病を患っている方でもバイパス手術が行えるようになっています。

関連ページ

心筋梗塞かどうかの検査方法とは?
心筋梗塞は下手をすると命に関わる恐ろしい病気です。心筋梗塞がさらに別の病気を引き起こしてしまうこともあるのです。ここでは心筋梗塞の原因や予防法について詳しく解説しています。
心筋梗塞を予防するには?
心筋梗塞は下手をすると命に関わる恐ろしい病気です。心筋梗塞がさらに別の病気を引き起こしてしまうこともあるのです。ここでは心筋梗塞の原因や予防法について詳しく解説しています。
心筋梗塞を薬で治療する?
心筋梗塞は下手をすると命に関わる恐ろしい病気です。心筋梗塞がさらに別の病気を引き起こしてしまうこともあるのです。ここでは心筋梗塞の原因や予防法について詳しく解説しています。